発達障害に関する基礎知識や実態把握の方法、知っておくと役に立つ情報

発達障害に関する基礎知識や実態把握の方法、知っておくと役に立つ情報 記事

特別支援教育は特別ではない

特別支援教育というと「通常の学級の中では関係がない」とか「特別支援学級や特別支援学校の領域」とか考えられている方はさすがに少なくなりました。あくまで統計上になりますが、発達障害である子どもは、35人学級で2人以上いる計算になります。おそらく、診断を受けていない子も少なからずいるはずですから、通常の学級であっても特別に配慮を要する児童生徒は必ずいると考えておかなければなりません。特別支援教育は特別では決してないのです。

大人が知っておくことで救われる子ども達

努力が足りないとか、辛抱ができないとかで片付けられていては、配慮を要する子ども達は伸びていきません。しかし、大人が知っていることで、適切な配慮ができる場面はたくさんありますし、そのことで困難を克服して生活や学習に意欲を持つことができるようになるかもしれません。その子の特性を変える事はできないかもしれませんが、特性とうまく付き合うことはできるのではないでしょうか。そのためにも大人がアンテナを高くして、正しい情報を仕入れていく必要があるでしょう。

ここでは、支援の必要な子ども達とかかわる上で知っておくべき情報や配慮する上で役に立つことなどをまとめてみました。なるべく正確な情報をお伝えするように心掛けてはいますが、いろいろな基準や検査方法などが日々見直されている状況ですので、他のサイトや書籍も参考にして頂くことをお勧めします。

記事

スポンサーリンク
記事

子どもの癖は行動に現れた言葉にできない感情の発出かも

サインがどんな時に見られるのかを注意深く観察していると、子どもの実態がわかってきます。言葉にできない心の状態を把握することにつながります。
記事

うまく書き写せない?ひょっとして、それ目の動きが原因かも!

学力が低い訳でも、理解力が劣っている訳でもないのに、読むことや書くことが苦手な場合があります。それは、単に、見るために目を動かすことができていない
記事

特別支援教育における引き継ぎの方法

特別支援教育に関しては、その名の通り、その子に特別に支援を行う必要があります。そのため、支援の元になる子どもの実態把握をできるだけ早くしかも的確に行う必要があります。ですから、前任者からの子どもに関する情報は宝といえますし、引き継ぎはとても重要なことだと思います。
記事

特別支援教育の効果的な指導にはまず実態把握

特別支援教育にまず必要なことは,実態把握と言われています。確かに子どものことを知らなければ始まらないというところはあり,とても大事なポイントです。 工夫するべきことは、実態を把握するための方法とその活かし方でしょう。 実態を把握するために,いくつか方法があるのでそれを紹介します。
記事

発達障害って何?

このページでは、「注意欠如・多動性障害(ADHD)」「学習障害(限局性学習症,LD)」「自閉症スペクトラム(ASD)」の3つについて、その「定義」「判断基準」「実態把握」「特性に応じた指導」の4つの観点で詳しく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました