秋見つけ

三連休三日目,

三日間素晴らしい秋晴れでした。

三日目は隣の町まで秋を探索しに

出かけました。

ハナミズキの赤い実,

蘇鉄の鮮やかな黄色い花

サルビア風の紫の花

秋のものかどうかわからないけれど

そこここに自然を感じて

ほっとできました。

いつもは気づかない自然に目を向けること

お休みならではです。

普段の仕事をしているときも

そんな余裕があれば

もっと色々なものが見えてくるのになぁ

なんて思った秋の日でした。

二学期

一年間で,一番長い二学期が始まりました。

二学期は,学校行事がたくさんあるので

特別支援対象の子どもたちも,大忙しです。

体育大会,音楽会,図工展などなど

季節がいいからといって

やたらめったら行事があります。

季節がいいので

ぼーとしていてはいけないのでしょうか。

いい感じで風が吹いているなぁ

とか

山の色がどんどん変わるなぁ

とか

いうことはぼ~としていないと

なかなか思いを馳せることはできません。

そういう感情は子どもには不要なのでしょうか。

なんだか毎年の追いたてられる二学期に

ちょっと反抗してみたくなる今日この頃です。

台風

おそろしくゆっくりの台風が行ってしまいました。

かなりの被害があったようです。

お見舞い申し上げます。

やっとお盆休みになったというのに

出鼻をくじかれた感じですね。

 

学校でも会社でも台風のように

周りをかき回される方はどこでもいらっしゃいます。

みんなとても困ります。

最近は,ストレス社会なので

結構台風がたくさんあったりして・・・

精神を病むときがありますね。

そんなとき,自分なりに

「困ったなぁ。」「どうしたらよいんだろう。」

などと考えてみます。

良いアイディアが生まれることがめったにありません。

でもこの考えることが意外と自分のためになっていることがあります。

そのこと自体は解決することは少ないですが,

色々な解決方法を試みます。

激昂したり,懐柔しようとしたり

そして最終的に流れに任せたり・・・

そうこうするうちに

なんとなく慣れてしまって

ふ~んそんなもんか

って思えるようになると

自分は少し強くなっているのかもしれません。

なんせ,この世の中不条理なことが多すぎるので

いつ自分だって大型台風になるかわかりません。

みんなが少しずつ支えあって

この社会は成り立つのがいいのだと思います。

離れすぎず,くっつすぎず

ヤマアラシジレンマです。

このことについては

また今度。

 

 

 

雨の日

梅雨になりました。

特別支援教育の現場は

乗り越えなければならない時期でもあります。

湿気の多い不快指数の高い日は,

誰もみんな憂鬱な気分になるものです。

皮膚の敏感な発達障害と診断された子どもたちにとっては

地獄の日々です。

学校にクーラーがあれば少し治まるでしょうが,

たいていの公立学校の場合,

それは望めません。

我慢して耐えるという方法しかないのでしょうか。

そのうえ,叱られたりばかりしたらたまったものではありません。

この梅雨の時期は,特に

褒めることを探して努めて気持ちを落ち着かせること。

勘違いしてはいけないのは

甘やかすのではないのです。

褒めることを褒める,

いけないことはいけないことで簡潔に指導する。

いつも同じだと思います。

そうは言っても

こちらも不快な季節。

大人は,自分で努力をしましょう。

紫陽花の美しさに癒されたり

デパートに行って

鮮やかな色のレイングッズを購入したり・・・

何とかかんとか,

大人も子どももこの時期を乗り越えていきましょう。

森羅万象!

生きとし生けるもの

この雨の恵みがなければ生きていけないのですから。

五月

さわやかな季節になりましたね。

GWも終わり,いよいよ五月病到来といったところでしょうか。

こんな風もそよそよと優しく吹く季節に

気が滅入ってしまうのはもったいないような気がしますが,

そんな季節だからこそ

気を病んでしまうのかもしれませんね。

4月から張り切って過ごしていた疲れがど~んと

出てくるときでもあります。

大人も子どもも少し困った症状が出てきたら・・・・・

思い切って休む,体をいたわる,好きなことばかりする・・・

仕事がなかなか休めない状況なら休日だけでも

たまにはゆったりまったり過ごしてみるのも~

やらなければならないことが満載だとしても・・・

急がば回れ!

結果,そのことが効率が良いことが多いのです。

もちろん,そんなことで解決できない場合もあります。

そんなときは,迷わずにお医者さんもしくはカウンセリングへ

専門家の手に委ねましょう。

緑の美しいこの季節を楽しみたいものです。

春爛漫

春です。

お花が咲き乱れていて

そこらじゅう

色がたくさん溢れていて

鮮やかです。

どの花もそれぞれ一生懸命咲いているのが

いいですね。

人間もそれぞれの場所でそれぞれなりに

活躍できるからいいのかもしれません。

中には自分はここにいることが

不本意だと思っているかもしれませんが

そんなことはありません。

どんな場所でもどんな環境でも

人間は咲いて~生きていけるのだと思います。

文句を言っていてはなかなか咲けません。

物は考えようです。

とりあえず少しだけ前進してみませんか。