孤軍奮闘

通常の学校の中では,特別支援学級は孤軍奮闘です。率直なお願いやら特別支援学級の事を考えた意見を言ったときは,むなしく空き缶を転がした音がします。

 

自分のことばかり考えている,人数が少ないからそんなことができる,などと思われることもあるでしょう。私の偏見かもしれません。それほど深く考えられていないのかもしれません。

私の担任している子どもたちや保護者は,自分の本当の気持ちをすべて出すことはできません。代わりに私が発言しなければ誰が言うのでしょう。そんな思いをもちながら仕事をするのは、厳しいです。だからこそ、特別支援に携わる者は覚悟の上でなって欲しいのです。仕方ないから担任になったというのには、厳しいです。

つい熱くなってしまいましたが,自分のできる範囲で精一杯行うことが大事だと思っています。微力でありますが・・・。