アサーション

先輩から聞いていた言葉だったが

今一つぴんとこなかった。

今日何気なく読んでいた雑誌に詳しく書かれていて

アサーションとは,

『「自分や他者の欲求・感情・権利を必要以上に阻止することなく

自己ひょうげんすること」

言い換えれば,相手を立てつつ自己表現することを意味する』

と書かれていた。

これは,かなり難しい。

すべての人がこれをマスターしたら

平和な世の中がやってくるだろう。

 

自己中心的な考え方は悪くないと自分では思う。

人類は自己中をしながら発展してきたのである。

しかし,相手を立てるということが自分にとって

有益であることに気づいていない人が多い。

他人の不幸は蜜の味と良く言うが

他人の不幸がまわりまわって結局自分にかえってくることが

しばしばある。

ゆえに自分の事を深く考える人は,

人にも優しくできるのである。

そんなふうに考えていくと

アサーションも納得できるのだが,

間違っているだろうか。

参考文献:「授業力&学級統率力2015年1月号,明治図書」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です