廃線

良いお天気の休日

廃線をたどるハイキングに出かけました。

昔活躍した線路の跡が

何キロも敷かれていました。

この場所をたくさんの方が

列車に乗って行き来したんだなぁ

なんてイマジネーションをはたらかせて

歩くのは好きです。

現実は,すっかりスマホ類に支配された

私達ですが

古(いにしえ)の者たちに触れる時

様々な感情が蘇ってきます。

そういう感情を封印して忙しく動いていると,

ある日突然爆発してしまうのではないでしょうか。

だから時々はコンピューターのなかった時代に

思いを馳せて

自分の持っている様々な感情を

味わってみるのも大切でなのではないかと

思ったりしています。

秋本番

忙しいですねぇ。

毎年ながらこの時期は多忙な季節です。

運動会,音楽会,図工展覧会などなど・・・

行事が盛りだくさんです。

一生懸命の教師の皆さんに苦言を呈するならば

もちろん自分自身を含めて~

誰のために行事があるのでしょう。

教師のためでも親のためでもありません。

子どものためですよ。

子どもが今より少しでも努力して

成長することができるためにあるのですよ。

教師同士が張り合ってはいけません。

子どもの実態を逸脱した内容をしてはいけません。

場を考えることも大切です。

一つのクラスだけ一つの学年だけ

あまりに抜きんでいてはいけません。

全体の事を常に考えないと~

今の環境の中でどれだけベストを尽くせるか

それを見極めることが必要です。

若い先生は優秀ですが,

自分一人が優秀でもだめなんだということを

少しでも知っていただくと全体が幸せになれるのです。

どうぞよろしくお願いします。