いろいろな問題が凝縮されている市販のプリントや教科書では混乱してしまうことが考えられる特別支援の子ども達。そんな子ども達が無理なくスモールステップで学習できるシンプルな学習プリントを用意しました。

特別支援教育割り算カード

割り算カード
【スポンサーリンク】

【教材の特徴】

九九カードは一般的によく使われています。割り算は言うまでもなく九九を使って解く計算です。特別支援教育の対象の子どもたちの中には,力のアンバランスが指摘されるケースも多く見られます。割り算の答えを導き出すとき,頭の中で九九を使い操作する力よりも暗記する力の方が優れている子どもには,割り算の答えを覚えてしまうと便利です。
調べてみた範囲では,割り算カードというものを見つけられませんでした。そこで,割り算カードを作るための教材を作ってみました。


【教材の作り方】
(1)割り算の式のページを画用紙などのかたい紙に印刷します。
(2)裏を向けて用紙を置く方向に気を付けて答えのページを印刷します。
(3)カードを切り取ります。
(4)パンチなどで一か所穴を開けてリングを入れます。
(5)九九の段ごとでも全部の段をまとめても構いません。子どもの実態に応じて組み合わせてください。

【割り算カードの効用】
(1)割り算を九九のように覚えることができます。
(2)カードを九九ごとに色分けしているのでわかりやすいと思います。
(3)割り算の式の裏にうまく答えが印刷できるようにしますが,答えの部分は子どもが自分で書くのも手作り感があってよいかと思います。

【教材ダウンロード】
PDF
割り算カードA(問題)-PDF版
割り算カードB(答え)-PDF版

【スポンサーリンク】