特別支援学級の子ども達は、基本的な事柄を何度も繰り返し学習する必要があります。そこで、数の概念や大きさ、物の名まえや仲間分け、言葉の学習や数字並べなど学習の基礎になるような教材を用意しました。

特別支援教育数字並べ教材B-51から80編

数字並べ01
【スポンサーリンク】

【教材の特徴】
数字を順番にならべていくなど数のための学習教材です。
【教材の作り方】
1.「数字」のページを印刷する。
2.はさみ又はカッターで黒の数字(A)をひとつひとつ切りはなす。
3.赤の数字(B)を切りはなさずに1~10をひとまとめできる。
4.ラミネーターをする。(厚めの用紙に印刷をした場合ラミネーターをしなくてもよい。)
5.それぞれ数字を切りとる。(ラミネートした場合)
6.Bにファスナーテープを貼る。
7.切りはなしたAの数字の裏にファスナーテープを貼る。
8.>数字を順番に並べていく。
【教材を使ってみて】

子どものもつ障がいの特性にもよりますが,はまる子どもはずっとしています。一度「数」の仕組みを覚えると,どんな大きな数になってもできます。
【教材ダウンロード】

PDF
←文書の確認、印刷ならこちら「特別支援教育数字並べ教材B-51から80編-PDF版を」
ワード文書
←内容の編集されるならこちら「特別支援教育数字並べ教材B-51から80編-Word版を」

【スポンサーリンク】