特別支援学級の子ども達は、基本的な事柄を何度も繰り返し学習する必要があります。そこで、数の概念や大きさ、物の名まえや仲間分け、言葉の学習や数字並べなど学習の基礎になるような教材を用意しました。

特別支援教育 数のマッチング教材の解説

【数のマッチングとは?】

障がいを持つ子ども達のための自立活動を支援する教材のひとつで、イラストの数と数字を合わせていきます。数の学習教材としても使えます。具体的なイラストの数と数字を合わせることで,数の意味を理解することの助けにもなることと思われます。

【スポンサーリンク】

【数のマッチングのねらい】
障害の重さや種類により、この活動のねらいや難易度が変わります。具体的には、下記のようなねらいが考えられますので、子どもに合わせてねらいを決め行うとよいでしょう。
・視点を定めることができます。
・数の学習として使えます。
・数え(数唱)の学習になります。
・自分一人で行える課題(自立課題)ならば,自分で行うことで自信をもつことができます。
・カードを指先でもち,もうひとつのカードに合わせることで,手指の運動になります。

【数のマッチングメニュー】

【スポンサーリンク】