特別支援学級の子ども達は、基本的な事柄を何度も繰り返し学習する必要があります。そこで、数の概念や大きさ、物の名まえや仲間分け、言葉の学習や数字並べなど学習の基礎になるような教材を用意しました。

特別支援教育マッチング教材の解説

【マッチングとは?】

障害を持つ子ども達の自立活動を支援するための教材のひとつで、カード同士を合わせるものです。絵や写真,イラストと文字を合わせる場合,イラストどうしを合わせるなど、いろいろな場合などが考えられます。

【スポンサーリンク】

【マッチングのねらい】
障害の重さや種類により、この活動のねらいや難易度が変わります。具体的には、下記のようなねらいが考えられますので、子どもに合わせてねらいを決め行うとよいでしょう。

・視点を定めることができます。
・文字の学習として使えます。
・発語のない子どもが将来人に文字で伝えることの足掛かりとなります。
・物などに名前があることを認識できます。
・物などの名前を覚えることができます。
・物などの名前を覚えているかどうかを確認できます。
・自分一人で行える課題(自立課題)ならば,自分で行うことで自信をもつことができます。
・カードを指先でもち,もうひとつのカードに合わせることで,手指の運動になります。

【マッチング教材メニュー】


【スポンサーリンク】