ADHDやLD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に関する基礎知識や実態把握の方法論、視覚支援の実例など、特別支援教育に関わる上で知っておくべきこと、知っておくと役に立つことをまとめています。

視覚支援ってなあに?-ゴミを集める場所

【ごみを集める場所を視覚支援】
 掃除の際に子どもたちはほうきではきごみを集めます。何の指示もしなければ子どもたちは後ろの端までごみをもっていき,ちりとりで集めにくいことになります。
【スポンサーリンク】

その時に端より少し手前で集めることを教え,更にはビニールテープで四角を作り,そこにごみを集める目安にすると,子どもたちは自然と四角の中にごみを掃き集めていきます。これは,ある作業所の方から教えていただきました。目で見てすぐに理解できる,これが視覚支援のよいところです。

四角を色つきのガムテープで作っていたところ(現在は廊下に作っています),先日,ガムテープの端がほつれてきているとある子どもが言ってきました。通常のクラスの元気のよい子どもです。早速,赤のビニールテープにはりかえました。ガムテープは太く,見えやすいと思いましたが,ほつれてくるので,やはり目立つ色のビニールテープの方がいいと思います。 その元気な子どもに貼るのを手伝ってもらいました。子どものよい意見はすぐ採用して,気づいたことに対して褒めてあげるといいと思います。いつもは元気すぎて教室で時には厳しく指導される子どもの繊細で優しい一面を見つけました。いい収穫です。
ゴミを集める場所



【スポンサーリンク】