いろいろな問題が凝縮されている市販のプリントや教科書では混乱してしまうことが考えられる特別支援の子ども達。そんな子ども達が無理なくスモールステップで学習できるシンプルな学習プリントを用意しました。

特別支援教育漢字の縦書きプリント教材-1.2.3年生編

漢字たて書きプリント
【スポンサーリンク】

【教材の特徴】
特別支援の対象の子どもの中には,視線移動が大きくなると視写しにくい子がいます。そういった子どもに対し、すぐ近くにある文字を写す方法が有効です。次第に視線移動を大きくして、最終的には黒板の文字を写せるようにしていきます。このページでは、上の漢字を見ながら、下の覧に書くプリントを作ってみました。視線移動の大きな教材です。

発達障害の子どもは,漢字を習得する場合,通常の学級で行っているような,ドリルで筆順を覚える,漢字学習ノートに書いていく,そして何度も漢字を練習するなどという過程をたどることは困難なことが多いです。そして彼らのほとんどは,プライドが高く,できない自分に対して苛立ち,自分の学年より下の学習内容を学ぶことに抵抗を示します。
そこで,学年などを記していない「プリント学習」が有効になります。「縦書き漢字プリント1.2.3年生」は,1年生で習う漢字80字,2年生で習う漢字160字,3年生で習う漢字200字合計440字を使った文を書き写すことで,漢字を覚えることができます。毎日1枚ずつすると,およそ1か月程度ですべてを練習したことになり,上で記した漢字習得の過程を経ることなく覚えることができます。
【教材ダウンロード】

PDF
「特別支援教育漢字縦書き教材PDF版」
1.2.3年用- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

DOC
「特別支援教育漢字縦書き教材Word版」
1.2.3年用- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33


【スポンサーリンク】