ADHDやLD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に関する基礎知識や実態把握の方法論、視覚支援の実例など、特別支援教育に関わる上で知っておくべきこと、知っておくと役に立つことをまとめています。

記録方法-事象記録法

【事象記録法】

支援者(観察者)が設定した時間内で,観察を行い,ある行動の頻度を測定する方法です。たとえばまばたきをした回数,手を上げた回数,教室から退室した回数,物を傷つけた回数などを測定することが挙げることができます。
【スポンサーリンク】

観察の視点が明確なので、自分が観察したい項目を支援者に記録してもらいやすい方法です。
事象記録用データシート



【スポンサーリンク】