ADHDやLD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に関する基礎知識や実態把握の方法論、視覚支援の実例など、特別支援教育に関わる上で知っておくべきこと、知っておくと役に立つことをまとめています。

ADHDについて-定義と判断基準

(1)定義
ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする障害で、社会的な活動や学業に支障をきたすものをいいます。また、症状は7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定されます。

【スポンサーリンク】


(2)判断基準

・支援を考える上で、判断基準は参考になりますが、判断は専門家や専門機関によって行われることが原則で、学校で判断することはできません。
・診断されても、個人によって特徴がさまざまであるので、ADHDの画一的な指導をあてはめてはいけません。


(ア)以下の「不注意」「多動性」「衝動性」に関する設問に該当する項目が多く、少なくともその状態が6か月以上続いている。
○不注意
・学校での勉強や細かいところまで注意を払わなかったり、不注意な間違いをしたりする。
・課題や遊びの活動で注意を集中し続けることが難しい。
・面と向かって話しかけられているのに、聞いていないように見える。
・指示に従えず、また、仕事を最後までやり遂げることができない。
・学習などの課題や活動に必要な物をなくしてしまう。
・気持ちを集中させて努力し続けなければならない。
・学習などの課題や活動に必要な物をなくしてしまう。
・気が散りやすい。
・日々の活動で忘れっぽい。
○多動性
・手足をそわそわ動かしたり、着席していてももじもじしたりする。
・授業中座っているべき時に、席を離れてしまう。
・きちんとしていなければならない時に、過度に走り回ったりよじ登ったりする。
・遊びや余暇活動におとなしく参加することが難しい。
・じっとしていない。または何かに駆り立てられるように活動する。
・過度にしゃべる。

○衝動性
・質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう。
・順番を待つのが難しい。
・他の人がしていることをさえぎったり、じゃましたりする。


(イ)「不注意」「多動性」「衝動性」のうちのいくつかが7歳以前に存在し、社会生活や学校生活を営む上で支障がある。


(ウ)著しい不適応が学校や家庭などの複数の場面で認められる。


(エ)知的障害(軽度を除く)、自閉症などが認められない。


*判断の多くの項目に該当し、ADHDの可能性が高いと考えられる場合でも、不注意や多動性、衝動性の行動特徴は、LDや自閉症などの他の障害の二次的障害の症状の一部として見られることがある。不注意や多動性、衝動性の面に支援が必要であることは示しているが、他の面にも支援が必要であることも留意しておくことが大切である。
*ADHDのうち多動が少なく、不注意が優勢の子どもの場合、ADDであることも考えられる。女子に多く、発見が遅れがちである。




【スポンサーリンク】